おいしいとこどり!ダミーパルスを使ったETL活用方法

ETLを極端に増やすとコントラストが低下する ETLを増やすことでエコースペーシングが短縮するので、撮像時間を短縮する効果が見込めます。なので緊急の飛び込み検査が入ったときには使ってしまったり、頚椎撮像で脳脊髄液からのフローアーチファクトを抑えるためによく使われます。しかし、ETLを増加させることでコントラスト低下が起きます。なぜ、コントラストが低下してしまうか?特にT2強調画像の場合は、k空間に詰める信号がはじめのほうはT2値の短い信号がものになり、これがコントラスト低下の原因になります。 以前の記事で ...

ETLを増やすことは正義?使い所を押さえればOK!

ETLがいつも正義とは限らない! MRIの記事で以下の計算式をもとにFSE法の基礎、ETL(エコートレイン)で時間短縮できるということを全面に解説をしました。 デメリットについても箇条書きで記載をしました。 ETLを増やすデメリットを書いてしまうとMRI初心者は使いどころがわからなくなります。今回は使いどころを解説していこうと思います。 押さえるキーはエコースペーシング さて、ETLを増やすということは撮像時間を減らすことができ、トレードオフとしてSNRが下がってしまうなどがあるということがわかりました。 ...

Spin Echo(SE)法を高速化!かっとべ!Fast Spin Echo(FSE)法!

Fast Spin Echo法(FSE法)を理解する前に! MRIの基礎をシリーズは、原理というよりも撮像時間の数式から理解してMRI理解の向上を目的に攻めています。どうしても、この理解法だとSE法が必要になってくるのでご理解を!まず、SE法の撮像時間の数式を思い出しましょう! いよいよ本題となるFSE法を理解していこう! SE法の撮像時間の数式は簡単な数式なので覚えてられると思います。で、今回のFSE法になると上の式が変化します。どんなように変化するか、難しくならないか不安の方いるかもしれませんがむちゃ ...

画質と撮像時間は常にトレードオフ!だから、信号強度について考える

TRについてざっくりで不安に覚えた人もいる! 前回、TRについて以下のように暗記事項的な説明をしました。 T2WI(T2強調画像) TR → 2500 から 5000 msec T1WI(T1強調画像) TR → 400 から 600 msec 撮影時間の数式からTRを短くすることで、時間短縮ができることも説明しました。 もちろん、TR短縮はコントラスト減少のトレードオフになりますので、「TR5000 msecから3000msecにして大丈夫?」と考えた人もいると思います。ここからは小難しい話で数式の話に ...

原理は置いといて、SE法T2WIにおけるTRの基礎的な考え!

MRIはどうしても原理と何種類もある数式が難解にさせる どうしてもMRIを原理から掘って理解をしようとすると難解な数式や原理がとても学習意欲とスピードを奪うことを多く経験しませんか?実は自分もそうでした。そのため、途中で投げ出したしたくなったり、休憩を必要とすることがありました。新人さんの技師になれば、なおさらのことだと思います。ということで、なるべく原理をすっ飛ばして、現場ですぐに使える考えを記事にしていこうかなと思っています。 撮像時間は単純な掛け算 どうやって原理を飛ばして現場で使える考え(技術)を ...

ちょっと休憩!心電図の目盛りと心拍と電気ベクトルを覚えちゃおう!

こんにちは。@ラジグラです。 今回で第三回目となるのですが、少し休憩の意味を含めて簡単な内容にしたいと思います。でも、タイトルからわかるように結構内容は盛り沢山になりそうな予感。本当に心電図ってわかりずらいというかベクトルを考えなくちゃいけないのが、つらい…慣れれば、「あ、この波形が変だな」ってなるんですけどね。そしたら、「この波形は、心筋梗塞疑いなのね。その精査目的で、疑う部位は左室側壁だな」となれると思っています。(たぶんw そして、第2回までやってFacebookの「いいね」が総数で1000を超えた ...

心電図(ECG)の12誘導がわかれば、ターゲットとなる心筋が見えてくる!

こんにちは。@ラジグラです。今回は、「心電図(ECG)12誘導」を中心にやっていきます。12誘導を理解することは、検査時の心電図モニタのパッドをつけるときに考えてつけれるようになり、さらには心電図(ECG)で心筋梗塞を疑う異常があった際、どこの心筋が異常なのかとわかることで、検査時のターゲットを考えれるようになります。放射線技師にはつらい、遠い存在の心電図ですが、少しずつ基礎をやっていきますので、おつきあいください! そして、文中のタイトルにある数字(心電図・基本○(丸部分))は、シリーズでやっていますの ...

刺激伝導系の解剖、心電図(まとめ)
刺激伝導系を理解すれば、放射線技師だって心電図(ECG)簡単に読めるようになる!

こんにちは。@ラジグラです。今回は、新しいシリーズとして「心電図(ECG、EKG)」をやっていこうと思います。ちょっと画像診断からははなれてしまいますが、心臓CT、心臓MRI、心臓エコーなど心臓の検査を多くする放射線技師にとって、理解していれば検査にも役に立つと思います。放射線技師にとってはとっつきにくく、遠い存在の心電図ですが、基本を理解すればある程度なら簡単に読めるようになります。読めるようになることで、検査でのターゲットとする壁だったり、異常にとても敏感になることができます。当サイトでも心電図を読む ...

右大動脈弓の胸部X線(レントゲン)
奇静脈弓が極太!?いや、これは右大動脈弓だ!

こんにちは。@ラジグラです。久しぶりに胸部単純X線(レントゲン)と胸部CTに戻ってきました。今回は、読影補助を中心に「右大動脈弓」をテーマにやっていこうと思います。「右大動脈弓」が胸部CTで来ると案外見落としがちですけど、胸部単純X線(レントゲン)なら大丈夫ですよね!というわけでやっていきます。

脳ドックで偶発的に見つかる「くも膜顆粒」ってなにもの?役割は?

こんにちは。@ラジグラです。先日、脳ドックの受診者のMRIを見て、名前が思い出せなくて、ちゃんと説明できなかったので記事にしてみました。よく脳ドック・頭部MRIや頭部CT検査で偶発的に見つかる「くも膜顆粒」をテーマに書いていこうと思います。

もっと見る

おいしいとこどり!ダミーパルスを使ったETL活用方法

ETLを極端に増やすとコントラストが低下する ETLを増やすことでエコースペーシングが短縮するので、撮像時間を短縮する効果が見込めます。なので緊急の飛び込み検査が入ったときには使ってしまったり、頚椎撮像で脳脊髄液からのフローアーチファクトを抑えるためによく使われます。しかし、ETLを増加させることでコントラスト低下が起きます。なぜ、コントラストが低下してしまうか?特にT2強調画像の場合は、k空間に詰める信号がはじめのほうはT2値の短い信号がものになり、これがコントラスト低下の原因になります。 以前の記事で ...

ETLを増やすことは正義?使い所を押さえればOK!

ETLがいつも正義とは限らない! MRIの記事で以下の計算式をもとにFSE法の基礎、ETL(エコートレイン)で時間短縮できるということを全面に解説をしました。 デメリットについても箇条書きで記載をしました。 ETLを増やすデメリットを書いてしまうとMRI初心者は使いどころがわからなくなります。今回は使いどころを解説していこうと思います。 押さえるキーはエコースペーシング さて、ETLを増やすということは撮像時間を減らすことができ、トレードオフとしてSNRが下がってしまうなどがあるということがわかりました。 ...

Spin Echo(SE)法を高速化!かっとべ!Fast Spin Echo(FSE)法!

Fast Spin Echo法(FSE法)を理解する前に! MRIの基礎をシリーズは、原理というよりも撮像時間の数式から理解してMRI理解の向上を目的に攻めています。どうしても、この理解法だとSE法が必要になってくるのでご理解を!まず、SE法の撮像時間の数式を思い出しましょう! いよいよ本題となるFSE法を理解していこう! SE法の撮像時間の数式は簡単な数式なので覚えてられると思います。で、今回のFSE法になると上の式が変化します。どんなように変化するか、難しくならないか不安の方いるかもしれませんがむちゃ ...

画質と撮像時間は常にトレードオフ!だから、信号強度について考える

TRについてざっくりで不安に覚えた人もいる! 前回、TRについて以下のように暗記事項的な説明をしました。 T2WI(T2強調画像) TR → 2500 から 5000 msec T1WI(T1強調画像) TR → 400 から 600 msec 撮影時間の数式からTRを短くすることで、時間短縮ができることも説明しました。 もちろん、TR短縮はコントラスト減少のトレードオフになりますので、「TR5000 msecから3000msecにして大丈夫?」と考えた人もいると思います。ここからは小難しい話で数式の話に ...

原理は置いといて、SE法T2WIにおけるTRの基礎的な考え!

MRIはどうしても原理と何種類もある数式が難解にさせる どうしてもMRIを原理から掘って理解をしようとすると難解な数式や原理がとても学習意欲とスピードを奪うことを多く経験しませんか?実は自分もそうでした。そのため、途中で投げ出したしたくなったり、休憩を必要とすることがありました。新人さんの技師になれば、なおさらのことだと思います。ということで、なるべく原理をすっ飛ばして、現場ですぐに使える考えを記事にしていこうかなと思っています。 撮像時間は単純な掛け算 どうやって原理を飛ばして現場で使える考え(技術)を ...

もっと見る