一般の方向け

[女性必見]胸部レントゲンの時は黒の無地のTシャツ・肌着を着るとベスト!

更新日:

こんにちは。@ラジグラです。定期健康診断や検診で胸部レントゲンがある際に、女性は悩みませんか?人前で裸に近い状態にならないといけないという極限な環境だと放射線技師も感じています。そこで、少しでも女性がこういう悩みがなくなればいいなと思い、記事にしました。もう職場のレントゲンでなにを着ればいいかなんて悩まなくて大丈夫です!

これが正解!黒の無地のTシャツ・肌着・インナーを着るのがベスト

もう答えからいきましょう!「胸部レントゲンのときには、悩まず黒の無地のインナー・Tシャツ・もしくは肌着がベスト!」です。いろいろ書くより答えが知りたいと思いますので、書きました。条件をつけるなら、生地が均一に厚手の部分のないものがいいです。黒と書きましたが、色でレントゲン写真に差がつくことはほとんどないで何色でも大丈夫です。注意するとすれば、Tシャツだと首周りが厚くなっているかもしれませんので、よく選んでください。むちゃくちゃに厚くなければほとんど大丈夫です。下にサンプルを用意しました。

女性必見・胸部レントゲンでもう悩まない!無地のインナー・Tシャツ・肌着はこれがベスト!

職場の定期健康診断や検診で女性はすごく悩みませんか?そう!胸部レントゲンが悩むポイント!人の前で服を脱ぐということは抵抗がありますよね。しかも、どれを着ていけばわからない!そんな悩む女性が減ればと思い、選びました。これなら、どんな技師が対応してもそのまま撮ってくれます。また、その理由も記事にしてありますので、ぜひ読んで下さいね。

[女性必見]胸部レントゲンの時は黒の無地のTシャツ・肌着を着るとベスト!

誤解を解きたい!プリントなどなど

よく聞かれるのがプリントについてです。ボーダー柄や織り込みで柄になっているものは問題ありません!確かにプリントといえば、プリントなのですが、生地面に凹凸がなければ写ることはありません。では、どういうプリントがだめなのか?ぼってっと塗っているようなペイントや凹凸のあるモコモコ、刺繍などはだめです。下にだめなサンプルを出します。

胸部レントゲンの際の、黒・無地・Tシャツがベスト

どんな放射線技師でもだめというケースは?

胸部レントゲンの際の、黒・無地・Tシャツがベスト

おそらく、ここが女性の一番きついところだと思います。それはブラジャーになります。大変申し訳ありません。もし、自分が女性なら「きつい」と思います。では、なんでかということを説明をします。少しでも理解していただければと思います。胸部レントゲンはとても難しく、「胸部にはじまり、胸部に終わる」と言われるくらいレントゲン写真から異常を探すことは難しいのです。そこに邪魔なものが写ってしまうことで診断能を下げたくないという私達の気持ちがあります。もし、診断能が下がり、異常な影があるのに見落としてしまってはなににもならないですよね。

では、なにが邪魔になるのか?それはワイヤーだったり、レース柄だったり、ホックだったり、アジャスターだったり、スタッツだったり。。。結構ありますよね。基本的に硬いもの、凹凸、段差があるものはレントゲンに写ってしまいます。気付いた場合には、再度撮影をしなくてはならなくなります。再度撮影ということは、もう一度被曝をするということになります。重ねるようですが、黒の無地のTシャツ・肌着・インナーを着るのがベストです!

とても曖昧な部分ではありますが、スポーツブラやブラトップもだめな施設もあります。何度も説明しているのでわかってくるとは思いますが、厚手の生地がパットにあるからです。上記については、施設ごとに考え等があるので、ここでは言及はしませんが、せっかく恥ずかしい思いをしてまで受けている検査で病気の見落としがあっては元も子もありません。

気になるのは、着る服もだけど、被曝も気になるという方!

胸部レントゲンで被爆する線量は「約0.02mSV(シーベルト)」という量になります。一般の方には、なにそれ?的な感じになるとは思いますが、説明していこうと思います。日本での自然被曝量(普通に生活をして被爆する量)は「2.1mSV」になります。一回の被曝量は、自然被曝量の中の0.9%になります(医療被曝はこの自然被曝の中には含まれませんが、指標として)。1%に満たないということになります。また、海外旅行で飛行機に乗られるかと思います。東京からニューヨークを往復すると「約0.2mSV」になります。実は、海外旅行で東京ーニューヨーク間往復のほうが被曝することになります。胸部レントゲンの被曝がだめなら、ニューヨークもだめということになりませんか?楽しみがあるといえば、話は別ですが、数字だけで見れば被曝量が小さいことがわかって頂けると思います。

 参考URL  自然放射線の量 - KEK 放射線科学センター

最後にはなりますが、胸部レントゲンで悩む女性がいなくなることを願って!

何度も同じことですが、女性にとってはきつい検査だと私達、放射線技師も感じています。少しでも悩み、きつさがなくなるよう情報提供することも私達の仕事だと思っています。胸部レントゲンの際には、「黒の無地のインナー・Tシャツ・肌着を着る」というのがベストになります。

 

-一般の方向け
-,

Copyright© 読影を中心にRadioGraphica -診療放射線技師のバイブル- , 2017 AllRights Reserved.