MRI検査 頭部MRI

脳梗塞で悩まない!

更新日:

これからうなぎ食べにいくからウキウキしてます。
@ラジグラです。

やっぱり、症例のほうが好評だったりするので
今日は症例っす!

とりあえず、MRAであれ?なんて思ってDWIを撮像して
「やっぱり。。。」となったわけですが。
ここで気づかないと実は危ない。
危ない理由は後ほど。

脳梗塞

MRA画像の左中大脳動脈部分が一部欠損しているのがあります。
明らかな左右差を認めるのですが、これだけではなんとも言えない。
既往歴には脳梗塞はなかった。来院理由は「少し頭痛がある。」のみ
心原性脳梗塞
既往歴がないのであれば、T1とT2とFLAIRはあとでも構わない。
スピード勝負なので「DWI」を撮るわけです。
DWIについては今度記事にします!
心原性脳梗塞
でも、全部の画像を見ると「よくこのタイミングで撮像出来たな」と
運がいいっすね!
上で危ない理由というのは下の通りです。

超急性期脳梗塞。MRAで異変に気付かないと
T1、T2、FLAIR画像では描出出来ていません。
DWIのみでしかわからなかったのではないでしょうか?
なので、MRAで異変に気付いてDWIを撮っていなければ
治療できなかったわけです。
DWIからみえれば、MRAの欠損部分と一致します。

脳梗塞を見つけて、技師としてこれで終わり?

超急性期の脳梗塞を見つけて医師に電話でオシマイにしますか?
病名を決定するのは医師のお仕事なのでお任せです。
技師は画像からわかることを伝えないといけません。
画像から読み取れることって?
自分ならまず詰まった理由を考えます。

脳梗塞の種類(発生機序)

  • 血栓性
  • 塞栓性
  • 力学的

脳梗塞の種類(臨床的)

  • ラクナ脳梗塞
  • アテローム血栓性脳梗塞
  • 塞栓性梗塞

脳梗塞の種類(まとめ)

種類 発生機序 主原因
塞栓性梗塞 塞栓性 心原性(心房細動原因で左心耳血栓を疑う)
動脈原性(頸動脈プラーク破綻)
奇異性(右左シャント)
アテローム血栓性 血栓性 主幹部から皮質枝レベル
塞栓性 プラーク破綻から遊離され、末梢塞栓
血行力学的 主幹動脈狭窄及び閉塞され、灌流圧の減少
ラクナ梗塞 細小動脈硬化 穿通動脈細動脈硬化
血栓性 起始部血栓による分枝粥腫型梗塞
塞栓性 微小塞栓
主幹動脈に一過性閉塞が発生するが再開通したもの
血行力学的 主幹動脈狭窄及び閉塞

MRA画像とDWIのみでしか情報は今のところありません。
DWIは場所と大まかな範囲しかわかりません。
では、残りはMRA画像のみ。

まず、全体の血管の状態をみましょう。
画像からわかるように綺麗な信号強度を全体的に保っています。
信号強度が均一に保たれていなのであれば、「動脈硬化」を考えます。
この症例は「動脈硬化」は考えにくいです。
となれば、「塞栓性梗塞で心原性脳梗塞」にたどり着きます。

「超急性期心原性脳梗塞」となれば、時間との戦いです。
tPA使用の時間内(4.5時間)でしたので大学病院へ転院していきました。

さて、治療は先生にお任せしましょう!
 参考URL  rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法適正治療指針第二版

いつものお願い

公式でTwitterとFacebookをやっています。
ぜひ、「フォロー」「いいね」お願いします。

RTやシェアだと嬉し泣きします!

  • この記事を書いた人

ラジグラ

-MRI検査, 頭部MRI
-, , , , ,

Copyright© 読影を中心にRadioGraphica -診療放射線技師のバイブル- , 2017 All Rights Reserved.